バストトップに黒ずみができる原因は肌への刺激

 

バストトップに黒ずみができてしまう原因について

紹介していきます。

 

黒ずみを解消するのであれば、

きちんと原因を把握することは非常に大事です。

何故色が黒くなってしまうのかが分からないと、

間違ったケアをしてしまうことにもなりかねないです。

 

特に乳首に関しては間違ったケアは厳禁となってしまうので難しい知識ではないですが、

多少肌について理解をしていなければなりません。

 

早速紹介をさせていただきます。

 

バストトップに黒ずみができてしまう根本的な原因は肌への刺激となります。

刺激を与えることで身体の中でメラニンと呼ばれる物質が

大量に分泌がされるようになります。

メラニンは色素を持っているのですが、皮膚に色素沈着をしてしまうので、

その色素が付いた分だけ色を黒くしてしまっているのです。

 

メラニンは決していやな物質ではなく、肌へ与えられる刺激から守る役割をしているので、

皮膚には必用不可欠な物質ではあります。

ただ、色を黒くしてしまう性質を持っているのですね。

 

外出する際には必ずブラジャーを付けていると思います。

しかし、ブラジャーもきちんとフィットする訳ではなくずれたりしちゃいますよね。

歩く振動などでもそうなのですが多少は位置が動いたりするので、

下着とバストトップが擦れてしまった摩擦が刺激となってしまうのです。

 

全ては刺激を肌に与えてしまっているのが、

バストトップの黒ずみを作る原因となっているのです。

 

下着以外にも肌への刺激となる要素はいくつかあります。

紫外線、からだをゴシゴシ洗ってしまう、洗顔石鹸の成分、

などなど刺激となる要素は様々です。

 

小さい頃から黒い人は身体がまだ未成熟な状態で、

肌にあっていない石鹸を使っていたり、身体を強く洗ってしまったり、

走りまわったりしたことによる洋服の摩擦が引き金となっているのですね。

 

勘違いしてはいけないのがブラジャーを着けずに外出すれば良いのかって点です。

結局は洋服が擦れてしまうので刺激が加えられることになってしまいます。

 

ここまでで分かるとおり、肌への刺激が黒ずみができる原因になりますが、

刺激を完全に防ぐことはできません。

人によってどれぐらいの刺激でメラニンが分泌されるかなどは変わってきますが、

既にあなたが色が黒くなっているのであれば、分泌がされやすいのかも知れません。

しかし、嘆いても何も状況が変わらないので、

わたしは黒ずみケアをしっかりとやろうと思いました。

 

刺激を軽減させるのもバストトップケア

 

バストトップに黒ずみができてしまう原因は肌への刺激と紹介させて頂きました。

この刺激を軽減する為に必用なのがバストトップのケアです。

予防と美白を同時に行うことができるので根本系なケアをえるのですね。

 

肌は皮膚の中にあるヒアルロン酸やセラミドと呼ばれる保湿成分によって、

刺激から守っている働きがあります。それを美容用語でバリア機能と呼んでいます。

 

皮膚に刺激が加えられた際に保湿剤の膜が

皮膚とのクッションの役割をしてくれます。

肌に与えられる刺激を弱くしてくれるのでメラニンが分泌しないようにしてくれるのですね。

 

メラニンは肌への刺激から守る大切な物質ではあるのですが、

分泌をせずに肌を守れればそれにこしたことはありません。

 

美白化粧品の目的はバストトップの黒ずみ予防にも関係していて

保湿をすることです。

肌のターンオーバーを促進させることでメラニンが色素沈着をした肌を剥がし、

色の付いていない新しい皮膚細胞を作りだします。

 

他の化粧品と美白化粧品が違う点は皮膚にしっかりと浸透をすることです。

メラニンが分泌されるのは皮下組織の中でも奥にある、

メラノサイトと呼ばれる場所になります。

そのため、肌の奥の皮膚も色素沈着を起こしているので、

肌にしっかりと浸透する為の成分が配合されているのですね。

 

バストトップの黒ずみケアを美白化粧品を使うのは、

予防と美白の2つを同時に行うことができているのです。

根本的なケアをすることができるのはありがたいですよね。

 

コメントを残す