陰部の黒ずみにもバストの美白クリームは使える?デリケートゾーンのケア

バストトップの黒ずみと同様に多くの女性を悩ませるのが陰部の黒ずみです。

VラインやOラインやIラインなどはパンツが蒸れるなどとして、

不衛生になりやすい部分でもあります。

 

バストトップのブラの蒸れと同じですね。

 

更に陰部に関してはほかの部位と比べて皮膚の層が薄いので

、刺激に弱い部分となっています。

性器があるのも関係はしていますが、

皮膚が薄くパンツの擦れによる刺激から黒ずみができやすい部位となっています。

 

バストトップと陰部の2か所は女性を悩ませる黒ずみのいくつもの原因が豊富なので、

色が黒くなりやすいのですね。

 

多くのバストトップが黒い人は陰部も黒くなっていたりします。

どちらの部分も色が黒いと男性から尻軽女として見られるので、

ケアをしている人は非常に多いです。

 

バストトップの美白クリームは陰部にも使える?

バストトップに関しても女性のからだの中でデリケートな部分となっています。

 

陰部のように皮膚が薄いって訳ではありませんが、

乳腺が中に入ってあったり、乳輪に関しては皮膚も薄いです。

 

そんなバストに使えるように作られているクリームとなっているので、

バストトップの美白クリームの多くは陰部の黒ずみにも使うことができます。

 

有名な黒ずみクリームであればホワイトラグジュアリーやピューレパール、

イビサクリーム、などありますが、どれも使用をバストにも陰部にも使えます。

 

デリケートゾーンに使えるように作られたのが、

最近人気となっている美白成分が含まれている黒ずみクリームなのですね。

 

バストトップのケアをするなら陰部の黒ずみの確認がおすすめ

 

陰部が黒いのに実は気づいていない女性は非常に多いです。

脱毛サロンなどが流行ったことで陰毛の脱毛をする人も増えました。

しかし、多くの女性がまさか自分の陰部が黒いなんてとなげいています。

 

バストと違いあまりまじまじと陰部は見ることもないので、

黒くなっているのに気づかない人も非常に多いのですね。

 

バストのケアをする際には陰部も確認をしておいた方がおすすめです。

実際に両方ともケアをしている人の口コミなども多くみられます。

 

バストトップと陰部の黒ずみでケアに違いはある?

両方のケアをする際に確認したくなるのがケアに違いがあるかの点です。

基本的にバストトップと陰部のケアで違いはないので、

ケア方法に変わりはありません。

 

ただ、バストトップと同様に蒸れたりしたら汗を拭くなどの原因の解消は行ってください。

 

また、陰部は皮膚の層が非常に薄いので、くれぐれも浴槽内でゴシゴシと洗うのは注意です。

手荒に洗っているのが原因となって色が黒くなってしまうこともあります。

 

バストトップも陰部もからだを洗う際には優しく。

ケアをする際には肌に優しい美白成分配合の黒ずみクリーム。

雑菌による刺激を防ぐのと乾燥対策で蒸れたら汗はふく。

 

以上の3点に気おつけて黒ずみクリームを使って美白ケアをしていきましょう。