バストトップをピンクにしたい!どのクリームを使えば良い?

バストトップをピンクにしたいって人は非常に多いです。

女性からしたら綺麗でありたいって気持ちは誰しもが持っていることです。

特に、バストの悩みを抱えている人は多いので、黒ずみをピンクにしたいって人は多いのですね。

 

女性の中でも「色が黒いよね」なんて彼氏にいわれた経験がある人もいます。

そのため、バストトップをどうにかしたいと思うのは当然のことかと思います。

 

ここではバストの色に悩む女性が行っている方法を解説していきます。

バストトップをピンクにする方法

バストトップをピンクにする方法として昔から利用をされてきたのがハイドロキノンと呼ばれる成分が配合されたクリームを使い

ケアを行っていくことです。

 

美白を行ったことがある人なら聞いたことがある人も多い成分なのですが、

皮膚の漂白剤なんて呼ばれ方をする効果の高い美白成分です。

 

メラニンを除去する効果があるので、黒ずみの原因となっている肌に蓄積されたメラニンを除去し、

肌本来の色を取り戻す効果が期待できます。

バストトップの色は生まれた頃はメラニンが蓄積されていない為、綺麗なピンクをしていたはずです。

メラニンさえ除去できればその頃の色を取り戻すこともできるのですね。

 

ただ、残念ながらハイドロキノンを使うのはあまりおすすめすることはできません。

副作用のある薬となるので、妊娠中であれば赤ちゃんへの授乳を行うことができなくなってしまいます。

 

また、出産未経験の人に関しても日本では販売が禁止されている薬となり、

副作用としては乳輪が大きくなったや肌が赤く腫れたなどの症状が見られます。

 

そのため、多くの人が利用をするのは美白クリームを使った方法となります。

バストトップの美白クリームの効果について

バストトップの美白クリームは薬ではなく、医薬部外品であることがほとんどです。

薬とは違うので肌へ与える影響も少ない為、副作用の心配をする必用はありません。

 

また、化粧品とも違い、きちんと改善効果が認められた成分が配合されているものが医薬部外品として、厚生労働省より認められます。

 

ようするに薬のように副作用はないので安心して利用をすることができるのですね。

バストトップをピンクにしたいからと安易に薬を利用をしてしまえば、

乳輪が大きくなるなど後悔するようなことにもなりかねません。

 

その点、美白クリームなら安全性には配慮がされており、

きちんと効果もあるので利用をしている人が多い状況となります。

バストトップをピンクにする方法の種類はいくつかある

ここでは人気のハイドロキノンと美白クリームについての方法を紹介させて頂きました。

ただ、バストトップをピンクにする方法は他にもいくつか種類があります。

 

そのため、金銭面、リスク、手間などからあなた自身にあった方法を選ぶようにした方が良いです。

 

私が感じているのだと大抵の人は美白クリームを選択することが多いかと思います。

しかし、色々な方法を比較して検討をしてみたいって方であれば、下記サイトが参考になるかと思います。

 

ここで紹介した人気の美白クリームやハイドロキノンだけでなく、様々な方法が掲載されています。

個人的には美白クリームを使い美白をするのがリスクもないのでおすすめではあるのですが、

他の方法も知りたいって方は参考にしてみてください。

 

バストトップをピンクにする方法

バストトップの黒ずみを解消する3つのケア方法

バストトップの黒ずみを解消するケア方法としては有名なので4種類あります。

どの方法かにもよってリスクがあったり、高額な費用がかかったりと、

メリットデメリットがあるのでひとつひとつ紹介していきます。

 

一つ目の解消方法としては一番利用者の多いバストトップ用の美白化粧品です。

黒ずみの原因であるメラニンを皮膚のターンオーバーと呼ばれる働きによって、

色素沈着した皮膚を剥がし新しい皮膚の形成を行っていきます。

 

メリットとしては効果を感じている人が多い、リスクがない、予防もできる

の以上3点となります。

 

利用者の多くが効果を感じている化粧品もありますし、

スキンケアを行っている訳なのでリスクがありません。

また、皮膚を保湿することで刺激を軽減できるバリア機能が

正常に働くようになるので予防としての効果もあります。

 

デメリットとしては効果が全くない評判が悪い化粧品もあることです。

利用者の多くが効果を満足しているのもあれば、

逆に全く効き目がないと書かれた口コミしかないようなのもあります。

化粧品選びを間違えるとお金の無駄遣いとなってしまいます。

 

2つ目の方法はヨーグルトのホエイを利用した方法です。

ヨーグルトに入っている透明な液体であるホエイには

ビタミンやタンパク質を豊富に含まれています。

毎日、パックとして付けることで皮膚の美白を行うことができます。

 

ホエイのメリットとしては価格が非常に安いことです。

ヨーグルトは一個100均で3個入りが販売されていますからね。

 

デメリットとしてはほとんどの人が効果を感じていないってことです。

確かにビタミンなどを含んでいますが、

色々な美容成分がバストトップの黒ずみケアをする為に考えられて

配合されいる訳ではありません。

あくまでヨーグルトを作る過程で分泌がされる液体となります。

 

3つ目の方法としては美容整形クリニックによるレーザーを使った方法です。

レーザーを照射することでバストトップの色素を薄くしていきます。

メリットとしては専門家と話ながらなので安心できるって点です。

 

デメリットとしては金額が高い、時間がかかる、手間もかかるの3点です。

1回の治療費用は2万円~4万円程度で行うことができるのですが、

10回程度行わなければなりません。

そのため、合計金額は20万円~40万円程度かかります。

 

また、レーザー治療をしたら3週間程度時間を空けなければ次の施術ができません。

そのため、何度も通院する必用が満足する効果がでるまでには、

2年以上も通院する人もいます。

時間と手間がかかるのですね。

 

最後にハイドロキノンとトレチノインを使った黒ずみケア方法です。

肌の漂白剤とも呼ばれ体内のメラニンを剥がす効能をもっています。

メリットとしては効果が高いって点です。

 

デメリットとしては購入するのが手間、リスクが高い、耐性がついてしまうの3点です。

バストトップのケアをする為の濃度のものに関しては日本では医師の処方なしでは、

販売してはいけない薬に認定されています。

そのため、病院で処方してもらうか、

海外から変わりに輸入してくれる業者を利用する必要があります。

 

輸入代行業者なんて呼ばれたりするのですが、

販売をしているのではなく、海外の個人の依頼で買い付けにいってる名目で販売がされています。

法律の裏をついたような感じなのですが、実質通販で購入しているのと変わらない感覚で、

購入ができます。

 

ただ、医師の処方なしでは販売ができないことから分かるとおり、人体へ与える影響が強いです。

肌への刺激が強いので、メラニンが逆に分泌されて色が黒くなったり、

乳輪のサイズが大きくなってしまうこともあります。

皮膚が硬くなるなんて症状があらわれている人も多いみたいですね。

 

リスクが非常に高いので、バストトップの黒ずみの色が黒くなったり乳輪のサイズが大きくなる覚悟を

した上で利用しなければなりません。

 

わたしは正直おすすめすることができないです。

更に色が黒くなってしまっては美白するのに時間がかかりますし、

乳輪のサイズが大きくなっては取り返しが付かなくなってしまいます。

 

リスクのない方法があるのに副作用のある方法を試すのはおすすめはできないです。

 

バストトップの黒ずみ解消に人気の方法

 

バストトップの黒ずみ解消をする方法として人気なのは、

ハイドロキノン・トレチノイン療法と美白化粧品のどちらかです。

 

ハイドロキノンに関しては色々な掲示板やWEBサイトで紹介がされています。

そのため利用をする人も多いのですが、副作用についてかかれていなかったり、

そもそも紹介している人が知らなかったりするので、

リスクがあるのを知らずに使ってる人も多いです。

 

そのため、乳輪が片方だけ大きくなってこんな身体を彼氏に見せられないと

嘆いている人も多いです。色が更に黒くなって酷いと嘆く人もいます。

 

後悔している人の多くは通販感覚で購入できる輸入代行業者を利用しているのですね。

リスクを知らずに使う被害者が増えているので近年では問題視がされています。

海外の薬事団体は色々な輸入代行業者のWEBサイトの閉鎖を行っています。

 

ただ、バストトップが黒いからと医師が簡単に処方をしてくれる訳ではありません。

 

個人的にもおすすめで人気の方法は美白化粧品を使った方法です。

リスクがないのと予防とケアを同時に行うことができます。

バストトップの黒ずみケアをする点で化粧品を使う際に気おつけなければいけないのは、

効果を感じている人が多い化粧品を選ぶこと。

 

全く効き目がない評判の悪いクリームも多く販売がされています。

そのため、口コミはできるだけ確認した方がいいのですが、

ネットで探せば評判のクリームはすぐにでてきます。

 

最近では厚生労働省が認可をしている医薬部外品も販売がされています。

美白効果として国が認めている成分が配合されているのですね。

 

どの方法を行うにしろ1ヶ月程度できれいなピンクになるなんてことはありません。

高額なレーザー治療でもそれは変わらないのです。

 

それなら、リスクなくケアできて効果を実感している人が多い、

バストトップ専用の美白化粧品でのケアがおすすめすることができます。

 

利用者の多くが効果を実感しているクリームもあるので、

安心して使うことができるはずです。

 

バストトップの黒ずみをレーザーで解消する方法

バストトップの黒ずみ解消方法のひとつとして医療用レーザーを使用した方法があります。

黒ずみのある箇所にレーザーを照射することによって、

メラニンを除去し肌本来の色を取り戻す方法です。

 

生まれたときからもともと色がバストトップの色が黒い日本人は基本的にいなく、

多くの人が下着の擦れや洋服の摩擦、紫外線による刺激によってメラニンが分泌をされています。

そのため、メラニンさえ除去すればバストトップの色をピンクにすることは可能なのですね。

 

レーザーを使った治療方法は普通の病院ではなく、

美容皮膚科や美容整形外科と呼ばれる所で行うことができます。

 

からだに害がある病気ではなく見た目的に肌トラブルとなるので、

健康保険の適用はされません。

そのため、10割負担となるので費用は高額となります。

 

ただ、医者と話ながら治療を進めることができ、

ちょっとづつ効果を体験できるので利用する人は多いです。

 

レーザーによるバストトップの黒ずみケア費用

レーザーを使った手術といっても、一回一回の治療費が膨大な金額がかかる訳ではありません。

1回の治療費としては大体2万円程度となります。(病院によって異なる)

 

ただ、レーザーを一度照射した程度で黒乳首をピンクにすることができる訳ではありません。

1回、2回、3回と何度も継続して行うことでちょっとづつ黒ずみの原因であるメラニンを除去し、

きれいな肌の色を取り戻していきます。

そのため、費用が高額となるのですね。

 

満足する色になるまでには10万円以上かかるのは当たり前のようにあり、

20万円程度はかかると考えておいた方が良い方法となります。

 

レーザー治療はおすすめできる?

個人的にはレーザーを使ったバストトップの黒ずみケアをおすすめはできないです。

この方法しかないのであれば、ありだとは思います。

しかし、ほかにも方法があるなかであえて高額なレーザー治療に固執する必用はないかと思います。

20万円程度なら安いよねと思う人であれば良いとは思いますが・・・

 

わたし自信はそんな給料が良いわけではないので、あえて高額な治療方法を行わなくとも、

低価格で行える美白を試したほうが良いと思っています。

月に5000円程度の費用であれば払うことができなくはありません。

 

5000円も払えないって人であれば黒乳首でい続けるしかないとは思います。

ヨーグルトのホエイを使った美白パックもありますが、

効き目を感じたなんて人を全く効きません。

結局、効果もあってお金もかからない美白方法なんてないと思ってます。

 

レーザーによるバストトップ解消がおすすめの人

レーザーを使った方法をおすすめができるのはなんと言っても高額な費用を払える人。

多少無理してでも病院に通うってのはおすすめできません。

 

効果があらわれるのは人それぞれ違います。

そのため、満足いくまでには何回、バストトップにレーザーを照射することになるかも分かりません。

予想していた金額を大きく上回ることもあるので、無理をすると生活が大変となります。

 

無理をすればストレスも溜まってしまうのでニキビができてしまったりと、

他の肌トラブルがでてくる可能性もあります。

ほかにも色々とお金がかかってしまうこともあります。

 

レーザー治療をするのならある程度貯金がある又は収入の良い仕事についている人におすすめです。

 

バストトップの黒ずみ化粧品は市販されてる?薬局で販売しているのか?

バストトップの黒ずみ化粧品を購入できるお店を探す人もいます。

薬局やドラッグストアの店舗を見にいくのですね。

しかし、多くの人が販売されているお店を見つけることができないです。

 

バストトップの黒ずみ化粧品はあまり市販がされていないのですね。

少し前では販売をしている店舗もありました。

しかし、商品ならではの特性であまり売れ良きは良くないんですよね。

 

薬局やドラッグストアへ探しにいった人であれば、経験しているので、

あまり市販されていない理由は納得できるはずです。

 

バストトップが黒いことはあまり知られたくない人がほとんどです。

世間一般では色が黒い人は尻軽であるって認識があるからです。

 

そのため、薬局やドラッグストアで販売をしていてもレジに盛っていくのが、

恥ずかしいなんて考える人も多いです。

何より見つけられなかった時にお店の店員さんにバストトップの美白化粧品は

どこにおいてありますかって聞くのも恥ずかしいです。

 

人前でわたしは色が黒いですって言ってるようなものですからね。

この人が尻軽女なんだなって思われかねません。

そのため、薬局やドラッグストアで販売されていることはなく、

通販で販売するのが主流となりました。

 

通販は日本中で販売されているほぼ全ての商品を購入することができるので、

利用している人は多いですが、あまり人に知られたくないような悩みの商品も

購入することができるようになってので利用者が増えているのですね。

 

大型百貨店なら黒ずみケア商品が販売されていることもある

 

薬局やドラッグストアでは販売されていないのですが、

大型の百貨店であればバストトップ黒ずみケア商品も販売がされていたりします。

 

ただ、利用した人の多くが効き目がなかったと口コミに書かれている

ものばかりです。

 

それには理由があります。厳密にいうと黒ずみケア化粧品ではあるのですが、

ただ色を上から付ける為のもので、美白する為のものではないからです。。

着色剤が配合されているので塗ることによって、

バストトップの色を上から上塗りする効果のある化粧品やクリームとなるのですね。

 

下着に擦れてしまえば着色剤が剥がれるので色が落ちるだけでなく、

ブラジャーに移ってしまうこともあります。

洗えば簡単に落とせてしまいます。

 

もともとが着色剤が配合されているクリームなのですが、

きちんと商品の詳細を確認しない為に全く違うクリームを利用してしまっているのですね。

 

利用用途が違うので口コミで評判が悪くなるのも当然ですよね。

 

また、着色剤でバストの色をピンクにすることができるかというと、

そうではありません。

色を上塗りする訳なので下地である乳首の色が黒ければ、あまり変化しないことも多いです。

もともと色素が薄い人であればある程度、色をピンクにすることはできるのですが、

黒くないのであれば使用する必要はないのかなと思います。

 

本当に利用したい人ってのは黒ずみとなってしまっている人ですからね。

女子会でのネタとしては使うのなら少しだけ盛り上がるかもって思ったりはします。

だから百貨店に販売がされていたりするのかも知れません。

 

バストトップの黒ずみ化粧品を購入するのであれば、

薬局やドラッグストアではなく通販を利用するようにしましょう。

通販でも着色剤クリームは販売されているので、

くれぐれも間違えないように注意してください。

 

 

バストトップに黒ずみができる原因は肌への刺激

 

バストトップに黒ずみができてしまう原因について

紹介していきます。

 

黒ずみを解消するのであれば、

きちんと原因を把握することは非常に大事です。

何故色が黒くなってしまうのかが分からないと、

間違ったケアをしてしまうことにもなりかねないです。

 

特に乳首に関しては間違ったケアは厳禁となってしまうので難しい知識ではないですが、

多少肌について理解をしていなければなりません。

 

早速紹介をさせていただきます。

 

バストトップに黒ずみができてしまう根本的な原因は肌への刺激となります。

刺激を与えることで身体の中でメラニンと呼ばれる物質が

大量に分泌がされるようになります。

メラニンは色素を持っているのですが、皮膚に色素沈着をしてしまうので、

その色素が付いた分だけ色を黒くしてしまっているのです。

 

メラニンは決していやな物質ではなく、肌へ与えられる刺激から守る役割をしているので、

皮膚には必用不可欠な物質ではあります。

ただ、色を黒くしてしまう性質を持っているのですね。

 

外出する際には必ずブラジャーを付けていると思います。

しかし、ブラジャーもきちんとフィットする訳ではなくずれたりしちゃいますよね。

歩く振動などでもそうなのですが多少は位置が動いたりするので、

下着とバストトップが擦れてしまった摩擦が刺激となってしまうのです。

 

全ては刺激を肌に与えてしまっているのが、

バストトップの黒ずみを作る原因となっているのです。

 

下着以外にも肌への刺激となる要素はいくつかあります。

紫外線、からだをゴシゴシ洗ってしまう、洗顔石鹸の成分、

などなど刺激となる要素は様々です。

 

小さい頃から黒い人は身体がまだ未成熟な状態で、

肌にあっていない石鹸を使っていたり、身体を強く洗ってしまったり、

走りまわったりしたことによる洋服の摩擦が引き金となっているのですね。

 

勘違いしてはいけないのがブラジャーを着けずに外出すれば良いのかって点です。

結局は洋服が擦れてしまうので刺激が加えられることになってしまいます。

 

ここまでで分かるとおり、肌への刺激が黒ずみができる原因になりますが、

刺激を完全に防ぐことはできません。

人によってどれぐらいの刺激でメラニンが分泌されるかなどは変わってきますが、

既にあなたが色が黒くなっているのであれば、分泌がされやすいのかも知れません。

しかし、嘆いても何も状況が変わらないので、

わたしは黒ずみケアをしっかりとやろうと思いました。

 

刺激を軽減させるのもバストトップケア

 

バストトップに黒ずみができてしまう原因は肌への刺激と紹介させて頂きました。

この刺激を軽減する為に必用なのがバストトップのケアです。

予防と美白を同時に行うことができるので根本系なケアをえるのですね。

 

肌は皮膚の中にあるヒアルロン酸やセラミドと呼ばれる保湿成分によって、

刺激から守っている働きがあります。それを美容用語でバリア機能と呼んでいます。

 

皮膚に刺激が加えられた際に保湿剤の膜が

皮膚とのクッションの役割をしてくれます。

肌に与えられる刺激を弱くしてくれるのでメラニンが分泌しないようにしてくれるのですね。

 

メラニンは肌への刺激から守る大切な物質ではあるのですが、

分泌をせずに肌を守れればそれにこしたことはありません。

 

美白化粧品の目的はバストトップの黒ずみ予防にも関係していて

保湿をすることです。

肌のターンオーバーを促進させることでメラニンが色素沈着をした肌を剥がし、

色の付いていない新しい皮膚細胞を作りだします。

 

他の化粧品と美白化粧品が違う点は皮膚にしっかりと浸透をすることです。

メラニンが分泌されるのは皮下組織の中でも奥にある、

メラノサイトと呼ばれる場所になります。

そのため、肌の奥の皮膚も色素沈着を起こしているので、

肌にしっかりと浸透する為の成分が配合されているのですね。

 

バストトップの黒ずみケアを美白化粧品を使うのは、

予防と美白の2つを同時に行うことができているのです。

根本的なケアをすることができるのはありがたいですよね。